カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 
HOME > 絹布絵
絹布絵


「絹布絵」とは、着物や金襴を主に使用し木目込み技法によって立体感ある布絵へとリメイクした絵画技法のことです。

油絵や水彩とは違い豊富な色を作り出す訳にはいきませんが、絵具では表現できない落ち着きや温かみのある絵画です。

お嬢様がお召しになっていた振袖の残布や手放してしまうには忍びない、処分するにできない形見の着物など、普段はしまい込んで目にすることがない想い出の詰まった生地などをお預かりしリメイクいたします。



川勝忠和


関西テレビ 「よ〜いドン!」  となりの人間国宝さんコーナー 2009年9月30日放送分




KBS京都テレビ 「とっぴもナイト」 2010年7月17日放送分







【 過去の受注例 】

●もうお召しになることが無い形見のお着物を、形見分けや法事の御供養として受注製作。
●お子様やお孫様の産着や七五三の着物を記念品として受注製作。
●御嫁入りの御支度にお持ちになったが、これから先お召しになられる方もなく処分をされてしまわれるお着物を利用して受注製作。
●お嬢様の振袖の残布を利用して制作し、写真と共にプレゼント。
●当工房の生地を使って漢字≪夢≫を小紋地にて制作し、新社屋完成の記念品として。



【 作品例 】

絹布絵



まずはこちらより、お気軽にご相談下さい。



●制作期間:生地お預かり後、約1ヶ月
●手作りのため生地の柄などにより、若干作品の大きさが異なる場合があります。
●生地は、仕立て上がり着物もしくは縦20儔15儖幣紊寮乎呂任△譴仞作可能です。制作後の残布は工房にて処分いたしますが、返送ご希望の場合は事前にお申し付け下さい。



【 商品例 】
絹布絵


まずはこちらより、お気軽にご相談下さい。



商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ