カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 
HOME > 辻村ジュサブロー > アクリル画

人形作家 「辻村ジュサブロー(辻村寿三郎)」作

NHK連続人形劇 「たけくらべ」 アクリル画


『たけくらべ』とは、明治の小説家、樋口一葉の短編小説。
1895年(明治28年)から翌年まで「文学界」に断続的に連載(文学界雑誌社、第25〜27号、32号、35号〜37号)。
1896年(明治29年)4月10日、「文芸倶楽部」(博文館、第二巻第5号)に一括掲載された。題名は伊勢物語23段の和歌に因む。

吉原の廓に住む14歳の少女美登利と運命の少年藤本信如との恋を中心に、東京の子供たちの生活を吉原を背景に描き出した作品。



ジュサブロー アクリル画



【辻村ジュサブロー】

日本の人形作家、人形操作師。
アートディレクター。

年譜
1933年 旧満州国錦州省生れ。少年時代を中国大陸で過ごす。
育った料亭で芸者の着物や端切れに親しみ、物心ついたときには割り箸で人形を作っていた。
1944年 11歳で日本に引き揚げ。広島市内の横川(現西区横川町)に1年ほど住む。
1945年 原爆投下の3ヶ月前に母の郷里で中国山地の山間の町、広島県三次市に越す。
横川は爆心地から2キロほどの地点にあったため、あのまま広島市内に居たらこの世にいなかったかも知れない。
戦後 三次中学(現三次高校)卒業。
裁縫士になるべく洋服屋に奉公するが三年で辞めるなど、他の仕事も長続きしなかった。しかし入った演劇サークルで看板書き、舞台装置、役者のかつら造りなどをする。
1954年 母の死をきっかけに広島に来演した前進座の河原崎国太郎を頼り役者を志して上京。
その後河原崎の紹介で小道具制作の会社に就職
1959年 26歳で独立、幼い頃よりの趣味であった創作人形を一生の仕事と決意
1961年 第13回現代人形美術展で『八百屋お七』が入選。以後、同展で特選・佳作となるなど人形作家としての地位を確立
1973年 NHK『新八犬伝』で人形美術を担当、300体もの人形を作り、一躍人気作家となる
1975年 NHK『真田十勇士』の人形美術を担当
1978年 『王女メディア』(日生劇場)、アートディレクター担当
1981年 映画『魔界転生』の衣装デザイン担当
1986年 『オイディプス王』(築地本願寺)、アートディレクター担当
1990年 TBS系時代劇『浮浪雲』(ビートたけし主演)の衣装デザイナー担当
1996年 東京日本橋人形町に長年の夢だった自身の人形館(ジュサブロー館)を開館 
2000年 辻村ジュサブローを本名「辻村寿三郎」に改める
2006年 怪主催「世界妖怪会議」にゲスト出演するため、故郷三次市に凱旋。また、福岡県行橋市で人形教室が開講。
その他その異才ぶりを遺憾なく発揮し、数々の創作人形の発表、人形芝居の上演、舞台衣裳デザインなど精力的な活動は行う。
日本を代表する人形作家でありながら人形の世界にとどまらず、総合的なアーティストとして各方面より大きな注目を集めている。
また人形館(ジュサブロー館)では作品展示の他、アトリエを公開しファンとの交流を図っている。現在人形町で唯一人の人形職人である。
なお文楽人形遣いの2代目桐竹紋十郎に人形制作のいろはを教わった。


商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

1件〜3件 (全3件)

ページトップへ