カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 
HOME > 文化人形 > 『吉岡よし』作

京都人形作家、『吉岡よし』作 オリジナル文化人形


※おかげ様で大好評!


京都の人形作家、「吉岡よし」が昭和30年前後の文化人形を意識して制作したオリジナル作品です。

人形の肌の部分は現代の綿ジャージを使用していますが、他の部分は昭和初期の着物生地を使用しています。
特に赤い色の生地は現代の科学染料ではない昔の紅染めで独特の赤です。
顔は筆にて手書きによるもので、同じ着物生地もなく表情も手書きのものゆえ一点物です。
人形の手の部分を少し後ろに向けて固定してあり、置いた場合は独立して座るように作ってあります。
昔のものと同じように”泣き笛”が中に入っていて、胸の部分を指で押すとピーピーと鳴きます。


※現代の文化人形ではなく、戦後の子供達が抱いていた文化人形をイメージして作成されています。

京東屋オリジナル文化人形


商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜18件 (全18件)

1件〜18件 (全18件)

ページトップへ